源頼義・義家と奥州戦争

第1回 源頼義・義家と奥州戦争〜その1

語り手:大江戸蔵三
都内の某新聞社に勤める整理部記者。三度のメシより歴史が好きで、休日はいつも全国各地を史跡めぐり。そのためか貯金もなく、50歳を過ぎても独身。社内では「偏屈な変わり者」として冷遇されている。無類の酒好き。

聞き手:中野なぎさ
都内の某新聞社に勤める文化部の新米記者。あまり歴史好きではないのだが、郷土史を担当するハメに。内心ではエリートと呼ばれる経済部や政治部への異動を虎視眈々と狙っている。韓流ドラマが大好き。
こんにちは、大江戸さん。文化部の中野です。今度都内版で「鷺宮の歴史」をテーマにした連載企画を始めるんですけど「そういう企画なら、まずは大江戸さんに聞いてこい」ってウチのデスクが言うもんですから、整理部の方へお邪魔したっていうワケです。それにしても、大江戸さんって変わった名前ですね。なんかの芸人みたい。

それは江戸屋猫八のことか?失礼なヤツだな。キミだって売れない演歌歌手みたいな名前じゃないか。ワタシはこう見えても忙しいんだよ。キミと付き合ってる時間なんかないの。さぁ、帰った、帰った。

まぁ、そう言わないで。タダでお話を聞こうなんて思ってませんよ。デスクが「蔵三さんの好みだから持っていけ」って言われて、これを買ってきたんですよ。

おっ、これは「澤乃井」の純米大辛口じゃないの!しかも2本!これはすっきりした飲み口で辛口の酒好きにはタマランなぁ。東京にも旨い酒ありってとこだな。しかも、あそこの蔵元はこれからの季節、渓谷が紅葉の名所になるからねぇ。キミも生意気なだけかと思ったら、結構いいとこあるじゃないの。ところで、何を聞きたいんだっけ?

「鷺宮の歴史」をテーマにした連載企画なんですけど、なかなかテーマが決まらなくて困っているんです。

ははぁ。「鷺宮の歴史」ねぇ。鷺宮って言ったって江戸時代はどこにでもある農村だよ。明治になっても農村。大正になってもまだ農村。主な産物は練馬大根だ。

それじゃあ、何のエピソードもないじゃないですか。連載になりませんよ。お酒返して下さい。

ちょっと待った。一度あげたエサを取ったら猫だって引っ掻くぞ。何にもないと言えば何にもないけど、あるといえばある。

っていうことは、割と最近の話? 昭和になってからとか…。


確かに野方とか沼袋とか中野の風景が変わったのは大正12年(1923)の関東大震災で、家を奪われた人たちが大量に郊外に移住してからなんだけど、そういう話ではない。むしろ江戸時代よりずっと昔の話だ。

あら、意外。そんな昔に連載になるような話があったの?


同じ沿線に鷺宮という地名があるだろ。これは、今から950年ほど前の康平7年(1064)に、源氏の棟梁・源頼義がこの地に源氏の氏神である八幡神を祀ったことに始まる。

それってもしかして鷺宮八幡神社のこと?


その通り。その神社の境内に鷺が多く棲んでいたから、いつしか「鷺宮大明神」と呼ばれるようになった。

あははは。ちょっとウソっぽいけど、そういう言い伝えなのね。


源頼義と言ってもピンとこないだろうけど、頼義の長男が有名な八幡太郎義家だ。

その名前なら私でも知ってます。府中のケヤキ並木に銅像(写真)も建ってますよね。

それは源頼義・義家父子が「前九年の役」で奥州に赴く前に、大國魂神社に戦勝を祈願して、それが無事叶ったということで、康平5年(1062)に神社にけやきの苗木1000本を寄進したという伝承がもとになっているんだ。

じゃあ、2人は鷺宮にも府中にも関係があったっていうこと?


というより武蔵国、つまり関東一円にこの親子にゆかりの神社があるんだ。兜町の由来になった兜神社なんかもそうだ。要するにこの親子はある時期から関東に来て関東一円を拠点にしていたということだ。

じゃあ、もともとは関東の人じゃないんだ。


そう。頼義は河内国、今の大阪生まれだ。ある事件をきっかけに関東支配の足がかりを得るんだ。そしてその野望はやがて東北支配にまで及んでいく。

結構面白くなりそうですね。っていうことはこの連載は源頼義・義家父子の話になるんですね。

そう。血沸き肉踊る東北12年戦争の話だ。しかも頼義・義家は源頼朝や足利尊氏の祖先であり、坂東武者のルーツでもある。特に義家は長い間武士の鏡として神格化された英雄だった。なぜ義家が伝説の人物になったのか、これからこのコーナーでじっくり語ろうじゃないの。あ、その前に一杯やるか…。<次回へ続く>

ページトップへ戻る